会長挨拶

大塚院友経済会 会長

平成25年4月に院友経済会の会長であった池田將弘氏がご逝去され、 当時副会長の青木宏之氏に急遽会長にご就任いただき、その後も滞りなく会を運営していただきました。

この度、10月の定期総会において役員諸兄に推挙され、3年間の一期だけという事で会長職を引き受けさせていただきました。 私が会長に相応しいかどうか、自信の程はまったく無いのですが、本会理事及び関係者の皆様のご協力をいただきながら務めてまいります。なにとぞよろしくお願い申しあげます。
なお、青木宏之氏は個人的な事情から会長の続投を辞退されましたが、今後は顧問として会の運営にご支援・ご協力をいただける事と存じます。

院友経済会の目的は、現役学生の支援と卒業生(本会会員)相互の親睦を図る事です。それぞれの就職・業務に少しでも役に立つ支援活動を行ってまいりたいと考えております。それには、OB・OGの方からのご支援とともに、母校の教職員諸兄の支援が重要だと考えております。 幸い、今年度から経済学部副学部長の本田一成教授が理事に就任してくださり、学部及び経済学会との連携がより深まるものと期待しております。

私は、國學院大學を卒業後、徳間書店に入社し、宣伝部、販売促進部、関連事業室等を経て、取締役・映像事業局長、海外事業局長などを担当してまいりました。 その後、会社が「DIREC-TV」に出資をし、委託放送事業者として、徳間デジタル放送の代表取締役社長、スーパーデジタル放送の代表取締役社長などを歴任し、現在は株式会社エイアンドジーの顧問を務めております。 徳間書店在職中に「平成狸合戦ぽんぽこ」製作委員会の一員として日本アカデミー賞を受賞しました。また米国任天堂との雑誌制作業務でアメリカに駐在するなどの貴重な経験もさせていただきました。 こうした経験を、これから社会に出て行く若き後輩たちに少しでも伝えられたらと思っています。

院友経済会は、格式高い会よりも、実務的で楽しく有益な会にして、多くの卒業生が集い、在学生との懇親、アドバイス、サポートが出来れば、会の目的に叶うのではないかと考える次第です。 若手理事の意見を取り入れ、より活気のある「院友経済会」となるよう、皆様のご協力をお願いする次第です。

平成26年10月18日

◇ 大塚 勤(Otsuka,Tsutomu) - 74期・政経 ◇

昭和19年1月生まれ、國學院大學政経学部卒業
元・徳間書店取締役・映像事業局長、海外事業局長
元・徳間デジタル放送・代表取締役社長
元・スーパーデジタル放送・代表取締役社長
株式会社エイアンドジー・顧問プロデューサー

[趣味] ゴルフ、映画鑑賞